久しぶりにニルヴァーナを聞いて、秀才は早死にするのか

久しぶりにニルヴァーナを流しているのですが、やはりそういったバンドは、とっても素晴らしいように思えます。
カートコバーンの障害の気分が、著しい出ているのと、やはりソングライティングが、とっても優れていると思います。

天才って速く死んでしまう物だなと単独は思った物でした。
先日、とあるお客様が女王に対して語っていました。
フレディ・マーキュリーやマークボランは、天才だから短く死んだと、確かに何かで抜きん出るお客様というには、遅まきながら早死としてしまうのかもしれません。

長生きしてこそだと、単独は思いますけれどね。
ミュージシャンのヒューマンというものが見つかるのでしょか。
コマンダーのようなものがあるのかとう風に考えてみました。

この前、少しだけ庭のトリミングにおいていました。
どうにも、加算っぱなしは良くないと思ったのですが、とうに言うと、おっさんが動けないので、切ってしまいたかったのです。
発想がえてみると、その道の先輩や天才というのは、ポップアートだけではなくて、色々あるというのですね。
トリミングの天才だっているはずですが、こうしたお客様が、早死にするわけでもないですし、でも奏者は、早死にするというこれが全然わからなくなってしまったのでした。

奏者も、ポールマッカートニーなどは、たしかいまだに生きていたと思いますし、生き死にって、天才はつながりはないのかと考えた物でした。

結構、ニルヴァーナを聞くと、良い体験が蘇ります。青春の体験ですね。女性の肌荒れ、ニキビはホルモンバランスが関係しています。美肌を目指すならこちら