パパテニスブリスベンインターナショナル決勝戦の結果について

ついこの間テニスブリスベン国際が開催されていてそこで錦織圭選手が決勝まで言うという事でその競争成果の方が出ていましたね。
今決勝で競合する事になった選手は情勢部門17位のグリゴールディミトロフプレーヤーという事で早速その結果の方ですが第1存在眼では2対6という最初はディミロトフプレーヤーにとられてしまいこうして第2存在眼ここでは6対2と錦織選手が取る事項に成功したようです。
それから第3存在眼に入りいつもなら錦織選手第2存在眼からボディーを上げて赴き3存在眼も招く傾向にあるというのですが誠に3対6という事で妻選手にとられて仕舞うという思わぬ結果になってしまったようです。
自分は錦織選手今回は勝てると思ったんですけどね、でも一報によるとこのディミロトフプレーヤー今回は随分ボディーが良かったみたいで強豪と思われる選手に勝利しているという事項だったのでこの時は錦織選手に関してふとタイミングが悪かったのかもしれません。
でもわずか最近の錦織選手を観ていると実態良いところまでいくのですが肝心なところでおとす事も多くなってきているのかなと思います。
それだけ優勝するのは簡単な事項じゃないという事項なのかもしれませんが、ただ優勝出来るのではという極めて狙いはしていただけにそこがポツポツ残念には思いましたね。
これもまた次の競争でばんかいという事でやがて全豪オープンがあるという事項なのでこちらの奴で優勝までいけるようにまた頑張ってほしいですね。口内フローラをガッテンで紹介していたって